望むままに思うままに

君に出来ること。君が望むこと。 それは君自身が一番良く知っているはずだ

WindowsXPサポート終了に思うこと

2014年4月9日をもってついにXPのサポートが終了しました。

ようやくXPのマシンの面倒を見なくてよくなったので個人的にはとても嬉しいですね。

個人的には(失礼ながら)結構意外だったけど他部署が乗り換えに肯定的だったのがありがたかったです。

もっとも、未だにXPを使い続ける愚かな一部ユーザーのサポートのために数台は残っているけど、まぁそっちに関しては別の人が面倒見てくれるそうなので、少なくともいきなり内線で「PCおかしくなった」と呼び出されてXPのマシンを相手にすることはなくなったのでだいぶ気が楽です。(これはXPが悪いというよりは、XPなんか使ってるマシンは大抵驚くような低スペックマシンか、何らかのレガシーシステムを動かすために独自カスタマイズしまくりで問題解決が大変だったということもあります)

ここ数日各ニュースとか見ていると「無料交換しろ」だとか「(消費者目線から見れば)企業都合でサポート終了とか許されない」とか言ってるけど、別に「XPが使えなくなる」とは言ってないよね。ただ「今後は使ってて何が起こっても知りませんよ」と言ってるだけで。

個人的な意見だけど、こういうこと言う人は情報漏洩するかあるいは攻撃のための踏み台にされても全く気づかないだろうから、本人にとっては全く問題なく使えると思う。ある日突然、自分が使っていたPCが原因で会社の信用問題になってクビか会社自体が無くなる可能性があるけど、たぶん本人はそのときまで(あるいはそのときになっても)自分の愚かさに気づかないと思う。

多分痛い目見てようやく気づくんだろうなぁ。痛い目見た時点でもう既に手遅れなんですけど…。

うちのXPのマシンも処分しないとなぁ…。

ありがとうXP。さようならXP。

 

広告を非表示にする