望むままに思うままに

君に出来ること。君が望むこと。 それは君自身が一番良く知っているはずだ

最近上半身がよく攣るようになった話

最近上半身がよく攣る。

具体的には脇から胸にかけてのあたり。

 

帰るときとか家でちょっと変な体勢で物取ったりしようとすると起こる。

一番やばいと思ったときは食材買いに行って買い物カゴをレジに出そうとしただけで脇が攣ったこと。

 

寒くなってきたからかなぁと思ってちゃんと湯船に浸かってみたりとか試したけど改善せず。

引っ越してから起こってるので主に考えられるのが、食生活か運動不足。

 

 

食生活の方は、調べてみたら同じようなことになった人が紹介してたマルチビタミン・ミネラルを思考停止で摂取してみることにした。

摂り始めて1週間くらいだけど攣らなくなったので多分原因はこっちっぽい。

 

運動不足の方はまず近所のジムに見学に行った。

家からも会社からも徒歩5分圏内で24時間いつでも使える。

上述のマルチビタミンでとりあえず改善したので今回は多分入らないけど、運動不足なのも事実なので検討はすべきか。

ちなみに入会時に3ヶ月分払う必要がある(目に見える成果が出るまで3ヶ月はかかりますので^^ とのこと)

 

 

とりあえず原因はわかって症状も出なくなったのはよかったけど、これからどうするか。

食生活改善すればいいって話なんだけど、正直マルチビタミン毎日飲む方向でもコスパ変わんないんだよねー。

 

めんどいからずっとマルチビタミンでいいかなって思ってるんだけど、栄養補助食品で栄養摂るデメリットって何かあるのだろうか。

食材少しずつ他のものも試していくというのはやるつもりだけど。

 

 

作り置きのできるいい感じのレシピ、教えてほしい><

 

 

学生の頃一人暮らししてた頃には起こらなかったのになぁと思ったけどあのときは学食があったわ。やっぱ学食は神。

 

 

 

てさぐれ!部活もの放送5周年ファンイベント

参加してきた。

 

旅もの3のシリアルコードの有効期限をうっかり過ぎてしまって一般で取ったら3F最後列という超糞席でした。みんなも有効期限には気をつけような…

 

続きを読む

スクラムが始まって1ヶ月

9月で同じチームの強いエンジニアが退職して10月からチームにスクラムマスターが入った。

強いエンジニアの退職は入社2日目に聞いててすごくガッカリしてたけど今度はスクラムを実践できる環境になったので、学びの環境という意味では恵まれているかもしれない。

 

 

10月からチームにスクラムが適用された。

まず率直に感じるのが、すごく疲れるようになったこと(笑)

残業が増えたとかそういうわけではないんだけどなんというかこれまで使ってなかった筋肉とか能力を使っているような感じでとても疲れる。

 

現時点ではちゃんとスクラムマスターの元でスクラムが実践できるという機会を得られたことと、少なくともこれまでの個人プレーで業務を回す状態よりは良くなったと感じているのでがんばれている感じ。

 

 

具体的に何が変わったかというと打ち合わせの時間がめちゃくちゃ増えた。

会議とか打ち合わせの時間は極力短くするべきっていう風潮もあるし、自分を含む開発チームの人は短絡的に答えを決めようとしてしまいがちだけどSMが「そう考える理由は?」とか「皆さんはこの意見に賛成ですか?」とかって促してくるのですごく考えるようになった。でもその分とても疲れる。

 

 

 

しかし最初からうまくいってるわけではなく、最初のスプリントではタスクの分割がうまくできてなくて1人にめちゃくちゃ負荷が集中してしまったし、契約的な話もあって本来のスクラムの動きから外れる進め方をしないといけないこともあった。

今もまだプロジェクト参画期間的の長い人の意見に流されがちだったりPOが同じ空間にいなくて認識合わせに時間がかかったり問題も山積み。

あと、なぜかうちのSMはタイムボックスを切らないので本来の予定時間よりイベントが長引きがち。

 

 

まだ始まって1ヶ月だし何事も一番最初は辛いってのは知ってるしこれから少しずつ改善していく感じなのかなぁと思っている。

自分としてはせっかく機会を得られたわけだし、ちゃんとスクラムとしての成果が出るまで3ヶ月かかるらしいのでそれまでは頑張って向き合ってみるつもり。

 

スクラム 仕事が4倍速くなる“世界標準”のチーム戦術

スクラム 仕事が4倍速くなる“世界標準”のチーム戦術

 

 

 

超高級フルーツ

米寿の祝いを贈ることになって、何がいいか相談したら千疋屋あたりのフルーツでも送っとけと言われたので見に行った。

 

千疋屋が高級なお店だとは知ってたけど、巨峰一房9000円(桐の箱入り)とかマスクメロン1個20000円(桐の箱入り)とか見ちゃうと流石に怯む。

みかんも置いてあったけど「1個」380円とかマジかよという感じだった。

お祝いの品だから構わないんだけど、自分にこういうのが贈られてきたとして果たして違いがわかるのだろうか…。

 

行ったついでに自分も少しなにか食べようとしたけどどこもめっちゃ並んでた。

やっぱ百貨店はセレブの店だなーw

 

 

なぜエンジニアは時間外でも勉強しなければならないのか

ちょっと前に炎上してたのを見てから考えをまとめていたら旬を過ぎていた。

 

単純に考えて、時間外も勉強している人のほうが+αの成果が出る→評価される→時間外も勉強するべきというのは納得できる。

特にIT業界はそういった時間外での活動が評価されやすい環境が比較的整っていると思うので、するべき・しないべきという二択なら「するべき」となると思う。

 

 

問題はなぜそれが「Must」になっているかということ。

いくらしたほうが得だからと言ったって、やりたくなければやらないという選択をする自由だってあるはず。

他業種でアフター5(古い)は仕事を忘れて遊び回ってる人もいるのになぜエンジニアだけが全員時間外勉強を当たり前だと言われなければならないのかっていつも思う。

 

 

「IT業界は進歩が早いのだから自分で勉強し続けるのは当たり前」 という文言はもっともらしく聞こえるけど、会社側が言ってるとしたらそれは教育とかの制度を構築できない分を従業員に丸投げしてるだけだし、従業員の誰かが言ってるとしたらそれは立派な社畜なのでは。自分がやるのは構わないけど他人に押し付けないでほしい。

 

 

時間外でも勉強してるやつのほうができるってのは正しいし、それならその人には更にレベルの高い仕事をしてもらって良い待遇を与え、そうでない人には低レベルの仕事を与えてそれなり程度の待遇という風に采配すればいい。というかそれが会社のすることでしょう。

 

 

IT業界では時間外も勉強した方がメリットが多いからするべきというのは正しい。

しかしそれをMustだと考えるのはおかしいんじゃないの?と思った、が結論。

 

 

そもそも時間外にプログラム書いてる人間はそれを勉強だとは思ってないという話もあるけどそれはまた別の話。

 

IT業界 人事労務の教科書 Textbook of IT Industry Personnel and Labor Management

IT業界 人事労務の教科書 Textbook of IT Industry Personnel and Labor Management