望むままに思うままに

君に出来ること。君が望むこと。 それは君自身が一番良く知っているはずだ

タガメを食べた

少し前に大須に昆虫食の自販機が出来た。

 

 

ちょっと前にみんなで行った肉の石川屋阿久比店で買いたかったんだけど買えなくて残念に思っていたら大須で買えるということで買ってしまった。

 

なんでタガメかっていうとYouTubeで平然とタガメを食す動画を見て気になっていたからです。

 

 

というわけで食べた感想を書いていこうと思います。

 

続きを読む

Minori Chihara the Last Live 2021 ~Re:Contact~

終わってしまいました

 

とてもいいライブでした
あまりにも綺麗に幕引きされてしまい文字通り虚無になっています

 

最初のうちは、楽しみつつも選曲やアレンジだったりに何かしらの意図を無意識に探ろうとしてしまって集中出来ないところがあったんですが、後半のやらかしで本人だけでなく自分もいい意味で力が抜けました

 

久しぶりに聴けた曲があったりCMBのインストが歴代のメドレーだったりで楽しめるポイントはたくさんありました

 

旗曲が始まって、最初はこの曲めっちゃ多幸感あっていいなと思ったけど最後の落ちサビ辺りで急にこれで終わってしまうんだなという感じがしてきて寂しくなってきたことを覚えてます

 

 

そしてEverlasting...

この曲の歌詞が沁みます。最近のセトリに入っていなかったのがまるで今日のためだったかのような

 

 

アーティスト活動はフェードアウトで終わっていく人が多い中きちんと終わりをやってくれるのはありがたいなんて思ってましたが終わりを宣言されるのもやはり寂しいものだなと思いました

 

 

f:id:iteduki:20211230212041j:image
f:id:iteduki:20211230212039j:image

有志によって会場最寄りの日本大通り駅に広告が掲出されました

 

自分がみのりんを知ったのはハルヒの時でその時はまだ大学生だったので実に10年以上追いかけてきたことになります

ライブの1曲1曲に、これを聴いたライブやツアーであったりその時こんな出来事があって…とかいろいろ思い出されました

 

自分の人生に彩りを与えてくれた大事なアーティストです

本当にありがとうと言いたいです

 

 

 

結婚によって変わったこと

思いつくままに書いていく。どこぞのアドベントカレンダーに入れようと思ってたけど忘れてたので関係なく書く。

結婚関係ないものもあるかもしれない。

 

冠婚葬祭イベントの増加

自分の家は親戚が少なく盆や正月を始めとした親類が集まるイベントがほぼなかった。
しかし妻の家では盆や正月のイベントがちゃんと(?)行われているためそれに出席するというイベントが発生するようになった

 

部屋の使い方

当たり前のことだけど毎日家に自分以外の人がいる。

一人のときは基本的にリビングで生活していたけどゲームしたり通話したりするときは自室を使うようになった。
別にリビングでもいいとは言ってくれるもののなんか気を使ってしまう。。。

 

自分以外への郵便物が届く

自分の名字 + 妻の名前の郵便物が届いた時に初めて結婚したんだというのを実感したのを覚えてる。

 

食生活

一人のときは毎週麻婆豆腐食べててネタにされたりしたけど流石にしなくなった。
週末に副菜を作り置きしてもらってるのと食材の買い出しはお願いして、自分は毎日ご飯を炊いて主菜の調理をするというスタイルに落ち着きました。

最初は「会社出た」の連絡を見てから家に着くくらいの時間を見計らって調理開始するみたいなことをしていましたが、最近ホットクックが導入されたことにより自分の仕事終わりにすぐ調理開始して放っておくということが出来るようになりました。
ホットクックはいいぞ。

 

 

髪の毛

妻は髪が長いのでドライヤーのあととか脱衣場にめっちゃ髪の毛が落ちている。
一人のときはあまり気にしてなかったけど自分の毛もまあまあ抜けてたんだろうなぁ。
ということでちゃんと掃除をするようになった。

 

ゴミの仕分け

自分はとりあえず可燃ごみにで出しがちだったけどちゃんと資源とかに分別するようになった。
玄関にダンボールやペットボトル、日々のチラシを集めるコーナーがいつの間にか作られていた。すごい。

 

車で移動することが増えた。軽率にイオンとか遠くの施設とかいくようになった。

ワールドトリガー

全巻読んでもらってまんまと沼に沈めることに成功した。
ちょうど今アニメ3期をやってるので毎週日曜朝に2人で見て楽しんでる。

2人で見ると自分が意識してなかった発見とかがいろいろあって楽しい。結婚関係ない。

 

 

また思いついたら書く。

 

 

BLUE REFLECTION TIE/帝

1周クリアしたので感想

 

 

新規PVとして作ったと言ってた割には音沙汰がなかったのが今年に入ってアニメ化、続編、ソシャゲ(開発中)が発表されて、あれ本当だったんだと思うなどした

 

ちなみに前作もプレイ済み

前作の感想はこちら


続きを読む

皮膚腫瘍摘出手術をした

ある日ふと鏡を見ていたら頭に肌色の点を発見。

 

え!もしかして10円ハゲ?ストレス?うつ病??休職???とか思って触ってみたら前々から頭に出来ていたデキモノだった。こんなに立派になって…

 

皮膚科

通常なら髪で見えないけどふとした時に見えると結構気になるなと思ってとりあえず皮膚科に行ってみた。
事前に調べた感じだと割と気軽に取れるらしいので軽い気持ちで行ったら「取るなら手術になるんで紹介状書きますね」と言われてしまう。
思ったより大事感が出てきた。

 

紹介状はその場で書いてもらえるわけではなく紹介先の病院の予約とかと一緒にやるらしいので1週間後以降に取りに来てくれと言われた。

 

事前検診

1週間後、紹介状もらって近所のクソデカ病院へ。施設デカすぎ人多すぎでビビる。
皮膚科の医者にデキモノの状態を診てもらって手術についての詳しい説明をしてもらう。

 

仮にも頭を切ってやる手術なので感染症にかかる恐れがあるとか、傷が目立たないようにこういう風に切りますとか、切って縫うので完全に傷口はなくなりませんよとか。
ネットで調べてたときはレーザーで取るやり方もあったので聞いてみたらそれだとその部分の髪がなくなるので切ったほうがいいのではと説明してくれた(そっちのやり方がいいならその病院を紹介するとも言ってくれた)
あとは取ったデキモノを調べて悪性でないかを確認するとも。まぁ十中八九ほくろでしょうとのこと。


それらを確認してから手術の同意書をサイン。

 

紹介状書いてもらうときには紹介先の病院行ったらその日に手術ですよくらいの感じだったけどそれは先生が空いていたらの場合らしく、実際の手術は日程調整して改めてとなった。
その日は簡単な検診と事前の血液検査をして終わり。

 

手術当日

午後休を取って手術。当日は昼食を午前中に摂る必要があった。

よく映画とかで見るような感じの手術室じゃなくて普通に診察室の奥の方だった。
改めて手術の説明をしてもらったあと、寝台に寝て手術。見た目は普通の寝台だけどかなり高さが上がる。すごい。

 

 

布を被せられて手術が始まる。先生曰く「まぁ歯を抜くのと同じような感じですよ。僕は歯抜いたことないからわからないけど」らしい。雰囲気がゆるい。

手術は局所麻酔。ちょっと痛いですよってチクッと刺されたあと感覚がなくなる。
痛みはないけど場所が頭なのでガリガリ削ったり切ったりしてる音が響いてくる。

摘出したあと止血をしてガーゼを貼ってもらう。病院だと髪の毛にも貼れるテープとかがあるらしく手術時に固定してた髪の毛を戻すときも全然痛くなかった。すごい。

 

手術自体は30分ほどで終了。
摘出した部分が歯みたいに薬液の中に浮かんでるのを見せてくれた。改めて見ると結構大きい。
これをこれから検査するとのこと。

 

抜糸の日を決めて、それまでの過ごし方を説明してもらう。
抜糸までは浴槽に浸かるのは禁止。血液循環がよくなって血が吹き出す恐れがあるから。
手術日決めたときは全然暖かかったんだけど手術までの間に急に寒くなったので正直つらい…。

 

手術の説明に帽子を持ってくるように書かれてたけど、病院目の前だし終わったらすぐ帰れば大丈夫やろと思ってたので持っていかなかった。
けど、実際は処方箋ももらいに行くしガーゼを押さえるためにも必要なので持っていくべきだった(慌ててその日に買いに行った)

 

来週抜糸をして腫瘍の検査も問題なければ無事に完了の予定。
しばらくは帽子生活です。

 

 

あと日帰りだけど手術なので保険の適用になる場合があるとのこと。
県民共済の出番!?と思ったけど自分の入ってるコースは手術共済金はなかった。残念。

f:id:iteduki:20211101093517j:image