望むままに思うままに

君に出来ること。君が望むこと。 それは君自身が一番良く知っているはずだ

王族最強戦&見えざる史実 前編/後編 #feif

FEifのDLCの内容&感想。まだ全部やってないけどとりあえずクリアしたやつだけ。 一応ネタバレも書くかもだけど、正直ネタバレしたところで本編に何の関係もないので気にせず書きます。 ・王族最強戦 マイユニットを助けるために各陣営の中で一番強い陣営を決めるというもの。 しかし実際は自軍以外は全員赤軍なので、他陣営同士で回復しあったり応援が効いたりしてそれはどうなのよって思ったり。 まぁ今更このゲームにそういうところを期待するのは間違ってますが( ゚д゚ ) セリフもないのでCCアイテムが複数欲しい人だけ買えばいいです。 ちなみに透魔DLCを買ってればルート購入ボーナスでそれぞれ2つは手に入ります。 個人的に一番楽なのはマークス隊。てかマニキが圧倒的に強いのでそれだけで他陣営は不利。 ・見えざる史実 前編 覚醒のそっくりさん3人のウラ話が明かされます。 マップは覚醒の16章「神竜の巫女」で使われたミラの大樹。自軍も覚醒時の名前のアズール、ウード、セレナの3人。 ifのキャラじゃないので固有の個人スキルはなし 覚醒要素をちゃんと盛込むところは評価できますが、評価できるのはそこだけでマップ自体は様々な兵種がズラズラと出てきて時間差で突撃してくるだけ。これもある意味覚醒リスペクトか(笑) クリアするとCCアイテム(神軍師)の「邪痕の紋章」を入手。 時系列的には覚醒のギムレーを倒した後で、ハイドラ本体から分離した良心が覚醒のキャラに助けを求めたというのが真相。 ここで前編は終わり。名前が変わった理由などは後編で。 ・見えざる史実 後編 透魔国に着いたところからスタート。 こっちはあの超設定なリリスのことが明かされます。 ハイドラ(良心)から話を聞いてるとリリスが現れ、襲い掛かってくる。 ここで、リリスはハイドラの娘であることが明かされる(な、なんだってー(棒)) 透魔兵に全然歯がたたないのでハイドラ(良心)から力を与えられ、その力で戦いに挑む。 …というストーリーなのですが、マップ中にリリスは出てきません(ぇ 力を与えられたと言っても、ラズワルド、ルーナは職の名前が変わって(傭兵→マーシナリー)固有スキルが着いた程度。 オーディンはクラスが変わってますがLv18にダウン。 章前会話で煽ったリリスとの対決もない、新たに得た力も特にないでマップで何を表したいのか全くわからないですね。 龍脈を使ってクリアしろということで、誰でも龍脈が使えるようなる「神祖竜の血」を持った状態でスタート。クリア報酬もこれ。 クリア後、ハイドラ(良心)の力でマイユニットがいるとされる暗夜王国に飛ばされる。 その際、夜刀神に白夜暗夜の神器を重ねろという指示を受け取る。このときに3人は例の呪いで透魔のことを喋ると泡になることも明かされる。 リリスは残されたハイドラ(良心)にとどめを刺そうとするものの、なぜかとどめを刺せない(笑) 親の一部だから?とか言い始めて何故か急にいい話になり、ハイドラ本体からリリスへの呪いをかばってハイドラ(良心)死亡。 親の消滅に泣き叫ぶリリス。なんだこの熱い掌返しは。 リリスはハイドラ(良心)が最後につぶやいたマイユニットの名前を胸に、その人に仕えることを心に決める。 そして唐突に星界に旅立つことを決意。だから星界ってなんだよ一体。 3人がifの世界に来たことはわかったけど、結局本編ではこの3人は透魔について何も役目を果たさなかったので、覚醒キャラを出したことにあとから無理矢理理由をつけて正当化したようにしか思えませんね。 リリスに関しても超設定を補完するどころかもっと酷い超設定だったという体たらく。 なぜそうまでしてマイユニに尽くすのかが分かった程度。 ハイドラの娘設定も結局本編では全く生かされなかったしリリスはこのゲームにとって本当に蛇足だと思う。 DLCでもFEifはFEifでした(悪い意味で) 金を出さなきゃわからない設定を用意しただけでなく、その設定すらも本編では生かされない設定ということで本当に無駄だった、というのが自分の感想です。 まだクリアしてないけど、これなら水着画像のDLCの方がほんとうの意味でおまけということでいいように思えますね。    
広告を非表示にする