望むままに思うままに

君に出来ること。君が望むこと。 それは君自身が一番良く知っているはずだ

面談

前期の評価面談がありました。

面談開始直後に「賞与の額、どう思った?」と聞かれたので率直に「(会社業績が悪かったので)正直数万円レベルを覚悟していたのでそれに比べれば全然ありました」と答えたら、「どんだけ悲観的なの…」とドン引きされましたw

正直言って、みのりんツアーの交通費が賄えればいいやくらいの感覚でした。

前職だと賞与とか寸志レベルが当然で、未だにそういう感覚を引きずっているので普通の額が出るだけでめっちゃ嬉しいわけです。

というような感じで話をしたら丁寧に弊社の賞与の仕組みについて教えてくれました。あれ…?自分ってこの会社勤続何年目だったっけ…?

なんだか、思ったより和やかな面談でした。

まぁ、でも言ってることと実際に下してる評価を見ると、業績云々を言い訳にしてるけどお察しという感じではある。

なので、何かこの機会に言いたいことはないかと言われて「上の方が何も方針を示さないのでこちらはどう動くのが正解かわからない。そもそも、若い人に自由にさせるって聞こえはいいけど、結局上の人は方針とか決める力がなくって若手に丸投げしてるだけですよね?」って遠回しに言ったんだけど、伝わったかどうかは定かではない。

理解はあるんだけど、どうしても価値観や考え方が「上の世代の人だなぁ」という感じを受ける。

結婚の予定はとか聞かれたし。あるわけないだろ。

 

広告を非表示にする