読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望むままに思うままに

君に出来ること。君が望むこと。 それは君自身が一番良く知っているはずだ

還暦祝い

雑記

父親が還暦を迎えるということで家族揃って食事に行ってきました。

まぁ、大半は次女が飼っている猫の可愛さをマシンガントークで語ってるだけで終わったww

あいつ猫好きすぎるwww気持ちはわかるけどwww

実家を出てからそろそろ10年経つけど父親あんまり変わった印象ないな。ずっとおっさんのままだ(ぉぃ

いつも食事制限してたイメージしか無いけど聞いてみたらただいろんなダイエットをとっかえひっかえ試していただけらしい…。

おみやげ選ぶときにいちいち気にしてた自分は何だったんだorz

昔はほとんど仕事で家にいなかった上に、たまに家にいても理不尽に怒られたり、思いつきで急に何かをやりだしてそれに家族全員巻き込まれるみたいなことがよくあって、あまりいい印象ない…。

あと、よく釣りとかキャンプに連れだされたけどその頃の自分はゲーム大好きっ子だったので迷惑にしか思ってなかった。

もちろん今なら子供を連れて外に出たい気持はよく分かる。

今はそこまで悪印象はないけど。

というか、なんか行動原理が似てきた気がすることもあって、やっぱり自分はこの親の息子なんだと思うようになってきた。

正直複雑である(何

まぁ、実際のところ母に言われるまで今年父が還暦ってこと知らなかったくらいには無関心だったりする。(父親も家族やら親戚づきあいに関してほぼほぼ無関心なのでやっぱり似てしまってる気がする)

いろいろあったので、手放しで「育ててくれてありがとう。長生きしてね」とか言わないけどとりあえず猫に囲まれてモフモフしながら暮らしてください。

あと、お祝いだけあって母親が奮発してて料理は美味しかった。

ごちそうさまでした。

 

広告を非表示にする