望むままに思うままに

君に出来ること。君が望むこと。 それは君自身が一番良く知っているはずだ

執行されてきた

フォアレーゼンの帰りに名探偵コナン ゼロの執行人観てきた。

 

最近のコナン見てないけど、名前がモロガンダムな人が大人気らしいというそれだけの理由ですごく気になったので見に行ってきた。

f:id:iteduki:20180521152709j:image

 

阿笠博士といつもの少年探偵団とかが出てきて懐かしいなぁ~という気分に浸りつつ、冒頭で紹介されるでっかいタワーを見て(きっと派手に爆発するんだろうなぁ…)とか考えながら観てた。

 

古谷徹の声が聞こえるだけでニヤニヤするし、安室透のやることがいちいち意味深でワクワクした。

車と同等のスピードで走るスケボーとか超性能のメガネとか、ツッコミどころなんだけどお約束で許されるこれもすごく楽しめた。

 

 

中盤に出てきたIoTとか踏み台とかについて一般のイメージはこんな感じなのかなぁとかもやもやしつつも、段々いろんな過去の確執とか情報が出揃ってきて面白くなってきて、そして終盤、阿笠博士特有の超クォリティドローンが活躍して事件が解決したかと思いきやここでまさかの序盤で出てきたタワーですよ。

 

 

ここまで警察と検察と公安の単語が入り乱れてて、力関係があるんだなということがぼにゃり分かる程度で少々わかりづらい描写が続いていたけども、このあとのアクションシーンですべて吹っ飛んだ。

このラストシーン*1だけでも十分価値があると思う。

 

「安室さんって彼女いるの?」からの流れはもう最高だった。

拳銃撃ち込みながら力尽きたコナンを救出するラストとかめちゃくちゃかっこよかったよ。

 

面白かった。人気出るのもわかるわ。

 

名探偵コナン ゼロの執行人 (小学館ジュニア文庫)
 

 

 

*1:識者によるとラスト15分とのこと

広告を非表示にする