望むままに思うままに

君に出来ること。君が望むこと。 それは君自身が一番良く知っているはずだ

劇場版ラブライブ!The School Idol Movie

1日のサービスデーに見に行ってきました。 この日、猛烈な腹痛で早退して病院に駆け込む自体になっててチケット予約済みだったけど行けるか危うい感じになってました。 が、処方箋薬飲んだら治ったので普通にマン喫で時間つぶして見に行きましたw ラブライブはアニメ1期2期通して見ててちょこっとスクフェスやってたくらいだけど普通に結構面白かった。 というか、ラブライブはμ'sの9人が動いて喋って歌ってるのを見れば満足なのであってそれ以外はどうでもいいってことを忘れていた。 実際、中盤くらいから意味深な人物や2期終盤みたいな悩み展開入れてくるけど正直退屈だったし。 序盤のウキウキ海外編と終盤の怒涛の展開だけでいいです← 内容も(当たり前だけど)完全にラブライバー向けになってて各キャラのお約束をふんだんに盛り込んだ安定の内容でした。 とりあえずライブシーン入ったら次のシーンではいつの間にか全部解決してるところも一緒。 とある理由があって海外に行くんだけど、ライブシーン終わったら帰りの飛行機のシーンになってたところさすがに「は?」って気分になったけど、よく考えたら2期くらいからそうでしたね…(冷静) 曲は相変わらず唐突に挿入される挿入歌がいっぱいありましたが、曲の方はSUNNY DAY SONGとEDの僕たちはひとつの光くらいしかよく覚えてません(ぁ SUNNY DAY SONGは終盤ということもあっていい曲だと思ったし、僕たちはひとつの光畑亜貴すげええええって思いました。 2期は劇場版決定してたこともあって最後の最後でちゃんと終わってなくて消化不良なところがあったけど、この劇場版でようやくちゃんと最終回になってよかったと思いました。    
広告を非表示にする