望むままに思うままに

君に出来ること。君が望むこと。 それは君自身が一番良く知っているはずだ

劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE- 過去篇

観てきた。 少し日が経ってしまったので来場特典のコースターは残っていなかった…。残念。 舞台挨拶行きたかったよぉ(´;ω;`)ブワッ←抽選落ちた 過去篇は総集編なので本当は観に行く気なかったけど、Twitterその他でみのりん関連なこともあってとても話題になってたので観に行くことにした。 劇場版総集編はこれまで散々観に行って後悔したので(中二病とかあの花とか。よかったのはまどマギくらい)、少しでも被害(?)を抑えるために今回はレイトショー。 本編始まる前のCMタイムにみのりんの新曲のCMがあってテンションアップ。 あの大画面&音響でみのりんが見れるのはいいね(ぉ 内容については続きから。  
まず開始から唐突に始まる約束の絆PVで初見の人は( ゚д゚)ポカーンだと思った。自分はTV版見てたからニヤニヤしまくってたけどw あれは割と悲惨な本編を和らげるためのOPだったんだな(錯乱) 内容はTV版で親切丁寧に説明された複雑な世界観などをほぼバッサリカットして、あっきーと栗山さんに焦点を当てた名場面集という感じでした。 本当にあっきーと栗山さんばっかりの羅刹カットなので、唐突に他のキャラが出てきたりしてまたしても初見の人には( ゚д゚)ポカーンだと思いますが、最後まで説明はありません。 あくまでもあっきーと栗山さんの物語なのでその他は全て二人のための引き立て役です。 あと、テレビ版のことあんまり覚えてないけど新規カットあんまりなかったような気がする(気づかなかっただけかも) BGMは場面をすごく引き立てるように使われていてよかったです。多分BGMはテレビ版と違うやつだと思う。 おかげで俺の美月の出番が大幅カットされてしまいました(憤怒) みのりんの罵り演技が好きな人はTV版でお楽しみください(何 しかし、個人的に一番好きなヤキイモのシーン等、厳選された名シーンは入っていたのでそこはよかった。 あと、「境界の彼方」が流れるあの名シーンもちゃんと入っています。スクリーンでみのりんの歌が(ry あっきーは序盤から眼鏡好きを公言していたけど、数少ない尺でそれと同じくらいブラコンであるということを印象づける博臣マジ半端ないと思いましたw 羅刹カットをしたせいで話がよくわからない場面や立場がわからないキャラが出てしまったけど、あっきーと栗山さんのラブコメメインみたいな話として見れたと思う。 あの人誰?とかあのシーン何?って気になった人は素直にテレビ版を見ましょう。 テレビ版の最後をやってテレビ版のED曲が流れたあと、最後に未来篇に繋がる大きな爆弾を投下して過去篇はおしまい。 総集編としてはテレビ版見てないとよくわからないシーンが結構あるけど、劇場版のストーリーには(多分)あんまり関係ないのでまぁいいです。 冒頭に書いたとおりあっきーと栗山さんの物語で、未来篇に繋がるプロローグという位置づけです。 個人的には、話を絞ったおかげでテレビ版よりだいぶわかりやすかったw あとスクリーンであの映像を見るとすごく綺麗で感動した。 でも見るなら未来篇とセットで見ないと意味ないと思う。 これ単品で見るよりはテレビ版見たほうがいいと思う。 そんな感じ。久しぶりに見た栗山さん可愛すぎて萌え死んだ(何  
広告を非表示にする