望むままに思うままに

君に出来ること。君が望むこと。 それは君自身が一番良く知っているはずだ

YAMAHA大人の音楽レッスン BAND LIVE~練習編~

無事に終わりました。半年間お疲れ様でした。

演奏した曲は

・じょいふる / いきものがかり

・YELL / いきものがかり

栄光の架橋 / ゆず

・夏色 / ゆず

の4曲でした。

なお選曲に関しては自分が入った時点で既に確定していた模様(´・ω・`)

レッスンで話を聞いて、正直不安8割楽しみ2割で最初の合わせ練習に行きました。

最初の練習終わった時点で(これはもしかしたら学芸会レベルになるのでは…)などという不安を抱きつつも練習してました。(でもベースのお姉さんはめっちゃうまかった)

実際、年明けくらいまで全然完成度上がらなくて正直結構自分の中のやる気は落ちてました(ぁ

そういえば練習してた教室のD-Deckは赤くてかっこよかった。本番もこれにしてくれればよかったのに…。

最初は「バンドならキーボードパートだけ弾けばいいからエレクトーンソロで全パート弾くより楽だー」程度に考えてたけど選曲的にやることが多くて結構苦戦。

音は王道のJ-Popということもあって、D-Deckにだけ入ってるレジメの”ライブパフォーマンス”をベースにしました。

でも結局ブラスとオルガンはしっくり来る音が作れなくて毎回とっかえひっかえしてました。

ブラスは音もうまく作れないし演奏も思うようにできなくてホント苦手(´・ω・`)

ヤマハの教室は狭いので自主練習としてスタジオに行って練習したりもしました。

当然、D-Deckなんて置いてないのでそこにあるシンセで練習します。

音の善し悪しはともかく、レクトーンの音色選び周りの操作ってかなり使いやすい部類だったんだなぁと思ったりしましたw

YAMAHA MX61の音色の選び方はSTAGEA miniみたいな感じだった…)

あと、スタジオというところはとてもタバコ臭かった(ぁ

自分の練習に関しては、コードをぼんやりとだけど勉強してたこととピアノの弾き方知ってたのでだいぶ助かった感がある。

バラード曲はもろピアノ伴奏だったし、コード知ってたのでいちいち音符で確認する手間が省けたので練習も捗った(あとついでに楽譜に書く音符の量も減ったw)

正直コレのお陰で自分の部分の練習はかなり楽に出来たのでこれがなかったらこんな偉そうなこと書いてないww多分自分も同じような感じでぜんぜん進んでなかったと思うwww

合わせの練習ではエレクトーンのレッスンで「基本拍をちゃんと意識しろ」とイヤになるほど叩きこまれたのでリズム関係で行方不明になることはなかったです。先生ありがとう!

結構幅広い年齢層だった(下は高校生から上は50代。並ぶと親子みたいw)けど、リーダーが練習スケジュールから教室の予約までいろいろやってくれたおかげで自分たちは純粋に曲の練習に集中できました。

多分こうしてくれなかったら最後までgdgdのままだったと思う…。

これは本当にありがたかったです。

というわけで半年間練習したけど、人と一緒にやるのって楽しさも苦しさも2倍という感じ本当に大変なんだなぁと思いました(小並感)

長くなったので本番の話は別記事へ。

 

広告を非表示にする