望むままに思うままに

君に出来ること。君が望むこと。 それは君自身が一番良く知っているはずだ

るろうに剣心 伝説の最期編感想

会社で割引券もらえることが発覚したので熱が冷めないうちに見てきました。 ネタバレを含むかもしれないので追記から。   事前に「評判割れてるらしいよ」と聞いてたものの、確かにこれは評判割れるなーと思いました。 特に原作ファンは何箇所かは気に入らない箇所が出てきそうな感じ。 しかし尺の関係上、いろいろな説明が省略されているので原作知らないとよくわからない唐突な行動があったりして痛し痒し。 もちろん原作知ってればこそニヤニヤできるシーンやカットもいっぱいあります。 ここから登場する師匠のキャスティングもよかった。 原作の性格の悪いギャグシーンがないから普通にすごい人みたいな扱いになっててちょっと困惑w 蒼紫との戦闘は原作の技っぽい要素をふんだんに詰めてきて原作ファンニヤニヤw しかし最後まで蒼紫の扱いはイマイチだった。あまりに本筋に関わってなさすぎて、志々雄戦に登場したときの「誰だお前!?」がまさにその通りすぎて思わず吹き出しそうになったw 他、尺がないから仕方ないけど十本刀の出番殆どなし。 安慈は左之助とそこそこ戦って見せ場あったけど本編中での名前の紹介無し。 宇水に至ってはセリフもなければ牙突一撃でやられるという噛ませぶり。 別に出さなくても良かったのでは…(´・ω・`) 最後の志々雄戦は圧倒的な強さが表現出来ててすごかった。 技名こそ叫んでないもののさり気なく紅蓮腕出てきた時はテンション上った。 他、九頭龍閃とかいろいろ出てきてたらしいけど殺陣がすごくて全部はわからなかった…w でも最後だけは気に入らない。やっぱ志々雄の勝ち逃げにしてほしかった。 唐突に出てきた天翔龍閃もそうだし(一応修行で奥義を会得したとは言ったものの具体的な技の名前も描写もなし)、食らった後志々雄が負けを認めるセリフを喋るのは見ててすごく違和感があった(´・ω・`) あれだと剣心が殺したことになるじゃないか。「もう人は殺さない」とはなんだったのか。 そして最後の最後。 なにいい話にしようとしてんすか伊藤さん…。 結局、志々雄の言うとおり腐った明治政府が剣心に昔と同じ人斬りを依頼して志々雄を倒しただけなんだよなぁ。 剣心の「新しい時代を守る」という目的が殆ど消えてしまっていたんですがそれは(´・ω・`) …と、いろいろ書いたけど映画自体は面白かったです。 自分が思ったより原作厨だったので多少のことは許して>< 各キャラが原作のイメージに本当に忠実にキャスティングされているのでそれだけでも十分楽しめる。 それと戦闘シーンが迫真でかっこいいです。 これまで地雷ばかりだった実写版とは一線を画す出来なのでオススメ。  
るろうに剣心 伝説の最期編 (JUMP j BOOKS)
和月 伸宏 SOW 集英社 売り上げランキング: 1,008
 
広告を非表示にする