望むままに思うままに

君に出来ること。君が望むこと。 それは君自身が一番良く知っているはずだ

苦痛に優劣なんかない

毎年恒例の期末の組織変更の情報をシステムに反映させるための作業がありました。 前回は偶然土日を挟んでいたため部署総出で休出で片付けたという経緯があり、去年くらいから少しずつツールの準備をしてきているというのに、それを上回るレベルの謎の組織変更をするので若干心が折れそう…。早く自動化したいと思ってるんだけどなぁ。 何故か今回は自分一人でやる羽目になり、他に支障が出ないよう定時後に始まって終電までかかってスクリプトを流し込みました。 まぁ、前回4人で休日一日潰したことを考えれば効率は大幅に向上していると言ってもいいでしょう。 が、翌日。反映させたデータが間違ってるとの問い合わせがががorz データを流しこむ部分は自分が作ってたのですが、流しこむためのデータを生成する部分(先輩が作ったやつ)が間違ってて結局その日は丸一日対応で終わりました(´・ω・`) 実際間違ってたのは数人だけど、1人間違ってたら全部の場所について間違ってないか確認しないといけないのでorz そのあとのチェックでアカウント一人ひとりチェックしろ的なことを言われ(社員は数百人)、さすがに表情に出てしまったところ、「まぁ、昔は徹夜でやってたことだから」とか真顔で平然と言われて愕然。この人思ったより社畜だった…orz 言い訳をさせてもらうと3月31日になってまで新しい組織内容に変更が発生していたわけですよ。そのせいでろくな事前検証を行うこともできなかったというわけです。 呼称に無駄にこだわる老害役員とか、出てくるたびにフォーマットが違うExcelとか、伝家の宝刀「○○部組織図(最新版)」とかいうファイル名などなど、老害管理職のアンチパターンの見本市。 言い訳をしても間違ってたのものは間違ってたので対応するのは当然ですが、「昔は徹夜でやってたことだから(お前もやれ)」は流石に辛かった…。(結局チェック用のスクリプトを作って終わらせた。本当に一人ひとり見るとかありえない…) 昔やってたからといって今もやっていい理由にはならんのですよ。 今回は年に一度のことだし、こうなっても仕方ないという覚悟はしてたのでギリギリセーフ。 それよりうちの会社が(主に老害が)思ってたよりクソだって事のほうがショックだったり。この頃ちょうど読んでた本に書いてあるアンチパターンに当てはまりまくりという意味で。 次回はもう少し何とかしたいなぁ…。(期末でも定時で帰りたい的な意味で)  
小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則
ジェイソン・フリード デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン 早川書房 売り上げランキング: 1,522
 
広告を非表示にする