望むままに思うままに

君に出来ること。君が望むこと。 それは君自身が一番良く知っているはずだ

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない

すっかり忘れていたけどまとめブログで劇場公開始まっていることを知り、ちょうど9/1で1000円で見れるので速攻予約して見に行ってきました。

詳しいネタバレは続きに書くとして、相変わらず本編前の宣伝が多くて多くて鬱陶しい(その上なにの宣伝があったか殆ど覚えてない)けど、唯一この映画だけは別格の存在感だったので紹介w
見に行くかどうかはまた別の話(ぁ


それでは以下ネタバレ





入場前に小さめのティッシュボックスをもらって入場。
いつもどおり、前情報一切見てないので総集編なのか完全新規なのかも確認せず行きましたw

一応本編終了1年後ということになっているけど、2/3くらいは回想シーンとして本編の映像でした。
おかげで現在のシーンなのか過去のシーンなのかが微妙にわかりにくかったり。特に自分は本編がどんなストーリーだったかもおぼろげだったので尚更かも。
などと言いつつも本編ラストのシーンなんかは劇場音響でのBGM効果なんかも相まって危うく涙腺が屈服するレベルで危なかった。


本編の1年後といっても、そんなに劇的に変わってるわけでもなく。
新規シーンでは主にあなるの悩みが強調されてた。板挟みで悩むあなる可愛い。


本編見てないと十分に楽しめないとは思ったけど(本編見てないのに来る人があんまりいないだろうけど)、素直に感動できるいい話だったなーと思いました。


次は『小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~』が始まるけどこっちも確か総集編なんだよなー。未放映話の絵も入るならちょっと見てみたいけど。
やはり本命はまどマギか…。
広告を非表示にする