望むままに思うままに

君に出来ること。君が望むこと。 それは君自身が一番良く知っているはずだ

2012年を適当に振り返る

2012年を残り時間が少ないので駆け足で振り返る。

・1月
みのりんのカウントダウンライブから幕を開けた2012年。
翌1月2日からインフル発症という波乱だらけのスタートになりました。まぁ、インフルで朦朧となりながらも心のなかでは(これで合法的に会社を休める)と思ってましたがw
チャイナドレス姿の代償は高かったですね

・2月
このころから仕事が若干マシになり、エージェントから良さげな会社を幾つか紹介してもらえて一層転職活動が活発になってました。

・3月
ついに内定を得て退職の意志を伝えることに。面接とは違った意味で緊張した…。なんとか無事に辞められることになってよかった。
あと、東京に行ったとき、宿がおもいっきりコリアンタウンの中で異様な雰囲気だった。事前調査って大切ですな(^_^;)

・4月
月末で前の会社を退職して3日間無職w。転職用の書類を親に勝手に見られて色々問い詰められて大変だった…。
正直事前に言ってても状況がうまく伝わったとは思えないし、自分のやり方がまずかったとは思ってないです。

・5月
4月は行けなかったD-Formationツアー3箇所4公演に参戦(`・ω・´)
メンバーチェンジとかいろいろあって期待と不安が半々だったけど今回のツアーはすごくよかった。アルバムもすごく好きだし、バンドのアレンジとかステージ上の掛け合いもすごく好き。
これまでの辛かったこととか全部吹っ飛ぶくらいの楽しさでした。

・6月
UP-Formation幕張公演に参加(`・ω・´)
1日目がちょうどステージ正面で会場全体が見えたんだけど、サイリウムの光が超綺麗に見えて感動した。参加を迷ってた伽羅のためにチケットを(勝手に)予約するという優しさを発揮したりしていたなぁ(ぁ

・7月
エレクトーンサークルの交流会を主催。
割と一部の人間だけで盛り上がって企画してたりグダグダにならないかとかいろいろ心配してたけど、思ってた以上にみんながノリ気で参加してくれてありがたかったです。

・8月
4回目にしてついにサマキャン2days参戦(`・ω・´)
しかも二日目は最前列という素晴らしさ。みのりんとCMBが超近い!ステージのちょっとしたやりとりとか笑顔とかがバッチリ見えちゃってもう最高!
お盆には久しぶりに恵那でバーベキューとかしたし、今年の夏は遊んだなぁ。

・9月
だいぶ仕事にも慣れてきた感じかなぁ。
夏の後始末とか11月12月の準備っていう地味なことが多かった気がする。

・10月
ブレイブリーデフォルトを(圧力に負けて)買って、2週間ぐらいぶっ通してやってクリアしてた。久々に面白いゲームに出会ったなぁ。あと、陛下の音楽流石でした。

・11月
きょの結婚式に出席した。エレクトーン演奏頼まれてたけど、あんな雰囲気の中で弾くことになるとは((((;゚Д゚))))
末永くお幸せに。

・12月
エレクトーンサークル交流会冬の陣。
この時期はいろいろなイベントとかの日程がぶち当たりまくりで参加者が少ない…はずが部屋に入ってみたら「( ゚д゚)ポカーン」な人数がwwwwなんでこんなにいるのwwww
全方位囲まれての中での演奏は死ぬほど緊張した。今までで一番緊張したかもしれんw


・総括
前半は転職、中盤はみのりん、後半は結婚式とエレクトーンという感じかなぁ。

転職はホント、前の職場から逃げ出したくて必死でした。職場の雰囲気自体が嫌いだったわけじゃないんだけどね。
うまくいって本当に良かったです。12月になってようやくひとまずの目的も達成できて、ほっとしてます。
ただ、転職して気が抜けたのかちょっと最近だらけ気味なので、来年から少しずつ読書とか復活させていこうかなぁと思ってます。

今年のみのりんのライブはメンバーが変わったこともあってとても新鮮な感じもしたし楽しかった。次のツアーマダァ?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン←
Crustaceaのアルバムもよかったので2月のライブ楽しみにしてます。

それから、エレクトーンの交流会。
正直不安だらけだったけどなんとかやり遂げられました。が、まだまだ思うところがいっぱいあって心配だらけ(´・ω・`)
まぁ、今のところ来てくれた人がみんな楽しそうなのが救い。




今年1年通して思ったことは、「やってみると意外と何とかなる」ということ。
転職なんて自分には絶対無理とか最初は思ってたけどねぇ…。自分には無理だ…と思ってたことも、実は案外大したことないって思えるようになった。
それから、人に話しかけたり何かやるときに躊躇わずにできるようになった(もうどうにでもな~れというやつ)

ひとまず今年は、転職や交流会開催という「新しいことを始める」ことができました。
これからはこれを続けていく、育てていくということをしないといけないなぁと思ってます。

次から次へと不安は絶えないですが、来年も頑張っていこうと思います。
それでは皆様よいお年を。
広告を非表示にする